相談員紹介

ブログ

インシデントでの相談

インシデントーーー実際には事故には繋がらなかったが、重大事故に至る可能性がある潜在的事象。1件の重大事故があれば、その背後に29件の軽度の事故があり、300件のインシデントが潜んでいると言われています。ハインリッヒの法則ですよね。この法則に基づいて、不安全行動や不安全状態をなくすことによって、重大事...

「被害者の声」が会社を救う架け橋に

職場におけるパワーハラスメントの定義が明文化されて10年が経ちました。相談窓口に寄せられるパワハラの相談も日々多くなり、内容も多岐にわたっています。時には、被害者本人からではなく、その様子を見かねた同僚の方、家族の方からのご相談もあります。  パワハラの相談を受けていて感じること、、、被害者は心身と...

時を経てからの相談

相談窓口では、最近起きた出来事について話す方が多いです。出来事の直後に、怒りにまかせて電話をかけてくる方もいます。ですが、かなり前に起きた出来事について話す方もいます。 「報復が怖くて今まで言い出せなかった」「ハラスメント研修を受けて、改めてあの出来事はハラスメントなんだと感じた」 といった理由での...

ボディランゲージの大切さ

相談窓口では、言葉による暴力だけでなく、威圧的な態度や舌打ちいった相手の行動にも傷つく、という相談を受けることもあります。例えば、「ありがとう」という言葉、これを足や腕を組み、イラついた仕草で伝えたら・・・相手にとって「ありがとう」という言葉本来が持つ好意的な意味として伝わるでしょうか。舌打ちや、常...

「良かれと思って・・・」

先日、こんな話を聴きました。入社してまだ数か月の方です。先輩からの指摘が強すぎて少々凹みながらも職務を全うしようという気概に溢れ、出社時間がどんどん早くなっています。自主的ではあるものの、拘束時間が長いことに少々不満もあります。その愚痴を同僚に吐いていたところ、上司の耳に入りました。上司はその方との...

「成長につながる」教育・指導

 昨今、部下を持つ方々から「指導していただけなのに、パワハラだと訴えられた」といった相談のお電話を受けることが多くなりました。 「少し厳しく注意したら、次の日から会社に来なくなった」といったような経験をされたことはないでしょうか?社会経験が浅い場合、厳しく注意されることに不慣れな人が少なくありません...

「思考を広げる」きっかけに。

窓口で相談をお聴きしていると、相談者自らの“受け取り方のクセ”によって苦しんでいるのではないかと感じる時があります。 例えば、上司から「マイペースだよね」と言われたとします。「ミスをしない」ということを信条に、じっくりと仕事に取り組んでいるだけなのに、、、「仕事が遅い」と非難されたかのように感じてし...

話すことで芽生える変化

相談窓口では、深刻なセクハラやパワハラなどの相談が入ってくることがあります。そして、その問題が深刻な人の方が、会社への報告をためらうことが多いように感じます。 それは何故か。 報告することで対象者から報復されるかもしれないという恐怖、報告しても状況は変わらないだろうという諦め、、、。今後も仕事を続け...

SOGIハラ 性自認侮辱による労災を認定 

心と体の性別が異なるトランスジェンダーの会社員がうつ病を発症したのは、先輩社員からの性自認を侮辱する言動(SOGIハラ)が原因として、神奈川県内の労働基準監督署が労災認定を行っていたという報道がなされました。勤務先の会社は先輩社員に対して言動を改めるよう指導しましたが、その後も同様の言動が続いていた...

理解は本当に必要?

人間関係についての話をお聴きしていると、「お互いの理解がもう少しあれば違ったのではないな」と感じることがよくあります。上司が部下に注意する場合でも、日頃のコミュニケーションがあれば発信の仕方も受け取り方も違うものになるのではないかと感じます。部下のとの日頃のコミュニケーションがあれば、「あの人は“誉...

情報通信業 女性の精神障害事案(特にセクハラ)が増加傾向しています

厚生労働省は、「令和4年版過労死等防止対策白書」を公表しました。情報通信業での労災認定要因は、セクシュアルハラスメントがめだっています。「心理的負荷による精神障害の認定基準」が策定された平成23年12月以降、女性の労災認定要因について、「セクハラを受けた」、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、または暴行を...

相談は犯罪なのか?

相談者をお受けしていると、「犯人捜しされて、もっとひどい状況になるのが怖い」「自分が相談したとすぐにバレてしまう」という類のものが多くあります。相談した人が「犯人」と表現されてしまうのが現状です。 「犯人」とは、罪を犯した人、犯罪人のことです。相談することは犯罪ではありません。それなのに、相談者自身...

一緒に考える

相談をお受けしていると、現状に対して「どうすればいいのかわからない」と訴える方、「どうして欲しいのかもわからない」と言う方がいらっしゃいます。このような訴えの時に必要なのは、「こうしたらいい」というアドバイスではなく、「一緒に考える」ことなのではないかと感じています。 人というのは、「一緒に考えてく...

対照的な2つの判例

今回は、「(元従業員の)自殺は会社の安全配慮義務違反によるもの」として遺族が会社に損害賠償を求めた事案を基に考察します。 会社の対策(「ハラスメント研修を行っていないこと」「メンタルヘルス研修を実施していたこと」)が司法判断に影響していることがわかります ① Sほか事件(東京地判平26・11・4)上...

思いを伝える、そして前を向く

相談者から、感謝の意を表する電話をいただきました。もう退職を決意されていた方です。ですが在職中の処遇について、どうしても納得がいかない、腑に落ちない、という訴えでした。その状況、お気持ちをしっかり受容し、会社に報告しました。その結果、、、会社には会社の方針もあります。 相談者の希望に沿う結果にはなり...

相談窓口は、最後ではなく「一歩前の救いの砦」

こんな相談がありました。泣き叫びながらの相談です。かれこれ2年越しの葛藤でした。相談者は、直属の上司によって業務上の支障を感じていて、そのことを上司の上司に相談しましたが、どうにもならず・・・そして、「もう辞めてやる!」と思い、相談窓口に泣きながら電話をしてきました。 その時、相談者が居た場所は、休...

香川照之氏 ハラスメント問題を考える

「週刊新潮」が報じた、俳優の香川照之氏による女性への性加害。報道を受け、トヨタ自動車は、香川氏が出演するテレビCMの放送を見合わせ。さらに、「THE TIME,」(TBS)は香川氏の降板を発表しました。 行為の真相は定かではありませんが、報道が事実であると仮定するならば、職場でハラスメント事案が発生...

お勧めの「パワハラ研修資料」について

今回は、お勧めの「パワハラ研修資料」についてご紹介します。 それは厚生労働省が、ハラスメント対策の総合情報サイト「明るい職場応援団」の中で公表している「管理者向け研修資料」~職場のおけるパワーハラスメントを考える~(↓)です。 https://www.no-harassment.mhlw.go.jp...

お父様・お母様からの相談も増えています!

前回は、◆「令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況」にて いじめ嫌がらせの相談件数が、10年連続最多になっていること◆日本では、「自分が不快に感じたこと=ハラスメントである」 という本質を離れた認識が深く根付いている」こと、◆行政機関介入の前に当事者間の歩み寄りで事案を改善 していただきたいことと...

民事上の個別紛争 10年連続「いじめ・嫌がらせ」がTOP

7月1日、厚生労働省が、「令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しました。いじめ嫌がらせの相談件数は、8.6%増で10年連続最多になっています。(ちなみに東京都が公開した「令和3年度 労働情報相談センターでの労働相談・あっせん」の状況においても、職場でのいじめ・嫌がらせの相談件数が1位にな...

「継続相談」の是非

クラージュラインのサービス開始前、「基本方針」を定める中で相談員同士が「継続相談の是非」について議論していたことがあります。 相談員Aは「いつでも誰でも何度でも、気軽に話してもらえる窓口を目指したい」と。これに対し相談員Bは「Aさんの発想はそもそもの出発地点がずれている」と。 (き、厳しい!!) 相...

労務担当者様が「一人で秘密を抱える」ことについて

今回は、労務担当者様の悩みについて最近耳にした事例をお伝えします第2回目でもお伝えしましたが、相談窓口を社内に設置した場合以下のような悩みを持つ傾向がありまます。 ①「悩みを持つ従業員は、泣いたり怒ったりという感情の起伏があり 話を聴くこと自体が辛い」②「そもそも、それってべつにハラスメントじゃない...

相談員に求める3つ要素

今後の事業拡大に備え、相談員の一般公募を検討していたところある相談員から「なるべく一般公募しないでほしい」と言われました。 理由は、「履歴書や面接で相談員の資質を読み取ることは難しいから」というものでした。自身がいくつかの専門機関に所属し相談員を経験する中、専門職であることから、時折相談対応が「上か...

外部相談窓口の必要性

今回は、外部相談窓口の必要性についてお伝えします。 【外部相談窓口の必要性】〇そもそも法律だから・パワハラ=労働施策総合推進法・セクハラ=男女雇用機会均等法・マタハラ=育児介護休業法で相談窓口の設置が義務付けられており、これについては様々な場面で多く語られていますね。詳細は、厚労省パンフレット「職場...

クラージュライン事業開始

こんにちは。クラージュ・コンサルティング代表取締役の寺尾です併設の社労士事務所(てらお社労士事務所)代表も兼務しております。 4月1日、ハラスメント外部相談窓口として「クラージュライン」のサービスを開始しました。数多くの競業の中、私共を選んでくださったご契約企業様と支援をしてくださった皆様に心より感...